• Aloedakara
  • Aloedakara

アロエだから!!

¥3,000(税別)

アロエランドで製造販売する、栄養機能食品「アロエだから!!」は熱いご支持を頂いている、当社の「糖流茶」や「糖流緑茶」の有効成分はそのままに、キダチアロエの成分を追加し、毎日の自然なお通じをも目指した製品です。

この「アロエだから!!」は、静岡県の牧之原台地で栽培された良質の緑茶に、古来より漢方として使用されてきた薬草「カキドオシ」や「カワラケツメイ」、「キダチアロエ」、そして、当社の栽培する「農薬不使用のアロエベラ」と、日々の健康的な生活に欠かすことのできないミネラルである「亜鉛」を加えた自然健康茶です。「アロエだから!!」の1包で、1日に必要な量の95%の亜鉛が摂取できます。

発売当初より、お客さまからの喜びの声も続々いただいております。やはり自然の植物が持つ効能は素晴らしいのですね。

また、この「アロエだから!!」は、当社製品の抗酸化力(SOD消去活性値)が非常に高い「糖流緑茶」よりも更に抗酸化力が高いことも、食品分析センターでの検査で判明しております。なんと、抗酸化力が高い食品で有名な、ルイボスティーの約6倍(「糖流緑茶」は5.5倍)もの抗酸化力があるのです。活性酸素とは、体外からの細菌やウイルス、化学物質やストレスなどから身体を守るために体内で生成される物質ですが、これが多すぎると、逆に身体の細胞や内臓を傷つけ、結果的に生活習慣病や癌などの様々な病気を引き起こしてしまいます。現代では、病気の90%は活性酸素が関係している、と言われるほどです。このさまざまな病気の原因と言われる活性酸素を除去してくれる「アロエだから!!」。是非、皆さまも飲んで、実感してください!

 

内容量:2g x 15包

原材料:難消化性デキストリン、緑茶末、キダチアロエ、アロエベラ、カキドオシ、カワラケツメイ、亜鉛

 

亜鉛について

亜鉛は、味覚を保つために必要な栄養素であり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける重要な栄養素です。また、亜鉛は、タンパク質、核酸の代謝に関与して、健康の維持にも役立っています。この亜鉛が欠乏すると、成長障害や、食欲不振、皮疹、創傷治癒障害、味覚障害、精神障害(うつ状態)、免疫機能低下、催奇形性、生殖能力異常などをきたすことが知られています。このほか、亜鉛は精巣や前立腺などの性腺にもかなり含まれているため、不足すると男性機能や、女性ホルモンの分泌量の低下をも招きます。そのため、男女ともに大いに必要な栄養素の一つなどです。しかし、亜鉛は食物を加工する段階で失われやすいので、不足気味になりがちな栄養素なのです。(参照:科学技術庁資源調査会編:五訂日本食品基準成分表による 五訂食品成分表 2004年度版)

 

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンという言葉を、聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれません。これは、「整腸作用」「食後の血糖値の急な上昇を抑える作用」「食後の中性脂肪の上昇を抑える作用」の3つの作用で特定保健用食品(トクホ)に認められている食物繊維の一種です。上記3つの作用の他にもなんと、「内臓脂肪の蓄積を低減」「中性脂肪、コレステロールを低減」「ミネラルの吸収を促進」というはたらきもしてくれます。この食物繊維は穀物を原料としていて、「アロエだから!!」に含まれる難消化性デキストリンは、トウモロコシ由来のものを使用しています。

 

原材料である薬草の紹介

・カキドオシ

シソ科カキドオシ属。和名は、垣通し(かきどおし)または、子供のかんを取り除く薬というので、疳取草(かんとりそう)とも呼ばれています。日本全土の日の当たる路傍や山野に自生するつる性の多年草で、日本では文字がないような古代から、またヨーロッパでも大変古くから利用されており、8~10世紀の医療書にもその名が記されているそうです。また、1968年には、副作用のない糖尿病治療薬として、日本生薬学会で発表されています。(参照:イー薬草ドットコム)

 

・カワラケツメイ

マメ科カワラケツメイ属。和名は、夷草(えびすぐさ)。江戸時代に中国より伝わった薬草なので、異国から渡来した、という意味でこの名があるそうです。カワラケツメイには、下剤として知られるアントラキノン誘導体クリソファノール、オブツシフォリン、エモジンなどが有効成分として含まれています。(参照:イー薬草ドットコム)

 

飲用方法

1包を約500㏄のお湯で溶かし、それを1日数回に分けてお飲みください。お湯の量や温度はお好みで調整してください。又は、みそ汁やスープ、日々のお料理などに混ぜても美味しくいただけます。皆様のアイデアでお楽しみください。